日本プロ野球の生涯得点数ランキングTOP5

野球

自分がホームに生還してチームの得点に貢献する記録である「得点」ですが、日本プロ野球における生涯得点数ランキングをご存知ですか? 「得点」はチームの力に左右されるため個人の記録としてそれほど重要視されないこともありますが、ランキングを見るとやはり納得の実力者が揃っているといえそうです。 では、日本プロ野球の歴代生涯得点ランキングのTOP5とはどのようなメンバーなのでしょう。 まず、第1位は、現役時代からずっと国民的人気を誇り、日本での本塁打通算記録ナンバー1の王貞治さん(読売ジャイアンツ)です。 通算2831試合に出場し、1967得点を記録しました。第2位は、通算盗塁数の日本記録保持者であり「世界の盗塁王」の異名を持つ福本豊さん(阪急ブレーブス)で、 2401試合に出場し、1656得点という記録を残しています。 第3位は、日本プロ野球初の3000安打達成者として知られる張本勲さん(ロッテオリオンズほか)でした。 2752試合に出場し、通算1523得点でした。 第4位は、三冠王など選手時代に数々の記録を残しただけでなく監督としても独特の存在感で人気を博した野村克也さん(西武ライオンズほか)です。 記録は、3017試合出場して1509得点でした。 第5位は、連続試合フルイニング出場世界記録を持つ金本知憲さん(阪神タイガースほか)です。 金本さんの記録は、通算の出場試合数は2578試合、通算得点は1430得点でした。 以上は、2017年度終了時点の日本のプロ野球での記録となります。

日本プロ野球の歴代最多優勝チームは?

野球

日本プロ野球の歴代最多優勝チームは、セ・リーグの球団読売ジャイアンツです。 1936年に始まった当時の日本職業野球連盟の代から数えるとリーグ優勝45回、1949年のリーグ分裂で今の2リーグ制ができてからは日本一に22回輝いています。 ちなみに2位はパ・リーグの西武ライオンズで、前身の西鉄時代含めてリーグ優勝21回、日本一を13回達成しています。 ジャイアンツ訳して巨人軍は最も歴史が長く、草創期からメジャーリーグの選抜選手と試合を行い、選手を多数戦地に送った戦時中を経て戦後は初めて海外キャンプを行い、各球団の先がけになる事の多くは巨人軍が始めました。 結果数多くのスター選手を抱え、プロ野球で初めて背番号の永久欠番を制定して選手を讃えた球団も巨人軍です。 1960年代に入るとアベックホームランON砲が巨人ファンのみならず多くのプロ野球ファンを魅了し、1965年から1973年までリーグ優勝と日本一のどちらも9年連続で達成し、V9と呼ばれ今なおプロ野球の歴史に燦然と輝いています。 ON砲の活躍は10連覇を逃した1974年までで、以降各球団がドラフト会議での新人獲得や選手のトレーニングや監督の采配など戦力を競うように上げるようになり、創設以来初のリーグ優勝や日本一を達成する球団がいくつも出てきます。 1980年代は西鉄から度重なる球団身売りを経た西武ライオンズが何度も優勝するようになります。 近年の巨人軍はなかなか優勝できなくなりましたが、それでもプロ野球をリードし続ける老舗球団として、ファンの期待は毎年大きいです。選手の一層の奮起が望まれます。

日本プロ野球の歴史

野球

日本のプロ野球の歴史は1920年に初のプロチームである日本運動協会が設立されたのが原点といわれています。 このチームは途中で宝塚運動協会と名を変えつつ1929年まで活動を続けました。 解散後しばらくはプロチームの設立や目立った活動などはありませんでしたが、1934年に現在の読売ジャイアンツの前身である大日本東京野球倶楽部が、翌年には阪神タイガースの前身球団である大阪野球倶楽部が結成され、1936年2月5日に現在の統括団体である日本野球機構(NPB)の前身にあたる「日本職業野球連盟」の設立によってプロ野球の歴史の基礎ができあがりました。 しかし、アジア太平洋戦争の戦局の悪化によって活動の休止を余儀なくされました。 プロ野球は第二次世界大戦後すぐに活動を再開し、スター選手が続々登場したことで日本中に浸透していきました。 1949年には最初の再編問題がおき、プロ野球リーグがセントラル・リーグとパシフィック・リーグの2つに分裂しました。 1950年代終わり頃までは2つのリーグは人気が拮抗した状態が続きましたが、関連会社にテレビ局や新聞社を抱えるセ・リーグが徐々にパ・リーグを人気で引き離していき、黒い霧事件に代表される不祥事も重なった結果、1990年代後半までは人気面ではセ・リーグが圧倒的に優位でした。 2000年代前半には近鉄とオリックスの合併問題に端を発する球団再編問題をめぐって史上初のストライキがおき、その副産物として50年ぶりに新球団ができました。 この問題や翌年のセ・パ交流戦の開始をきっかけにパ・リーグにも再び注目が集まるようになり、2リーグが拮抗した状態がようやく回復して今日に至っています。

今シーズンの巨人の戦力は?

野球

今シーズンのプロ野球ペナントレースのセントラルリーグを占う上で欠かせないのが巨人の戦力分析です。 まずは投手陣からですが、マイコラスが抜けた穴はとても大きいですが、FAで野上を獲得しており、畠や田口といった若手が台頭してきているので先発の枚数は十分に揃っています。 中継ぎも上原の復帰があり、澤村も復活したことによって、マシソン、カミネロへと繋げるリリーフ陣が完成されるので大きな穴が無くなりました。 菅野を筆頭に投手陣も整備され、山口や内海など潜在能力が高く、今まで通りに活躍することができれば優勝しても間違いがない投手陣と言えるかもしれません。 次に野手陣になりますが、こちらはゲレーロの加入以外に大きな変化がなく、若手の岡本、新人の田中俊太などが活躍すれば大きく飛躍できると予想できます。 巨人の野手陣は二塁が固定し辛く、時にはマギーを三塁ではなく二塁で起用することもありまして、どの選手を起用するかによって変わってきます。 特に岡本や田中俊太などの若手を積極的に起用する場合に守備位置は変わってくるでしょう。 キャッチャーは宇佐見も打撃に期待ができますが、小林の守備は安定しており欠かせない存在です。 外野は昨年35本塁打を打ったゲレーロが加入しており、打撃力が向上して期待できるでしょう。 代打には一塁の起用も含めてベテランの阿部がいますので頼りになります。 スタメンだけを見ますと、あまり変わらない顔ぶれになりますが控えには若手も多くいますので、期待以上の活躍ができれば十分に優勝は狙えます。

今シーズンのプロ野球の見どころとは

野球

日本の中で人気スポーツとしてしられているプロ野球は毎年シーズンの目玉となる補強選手やドラフト新人、偉大な記録に挑戦している有名選手など様々な見どころがあり、ファンからは多くの関心が集まっています。 特に近年は地域密着型の球団経営に多くの地元のファンが球場に行って試合を観戦する人も増えており、若い女性からも高い人気を集めている球団もあります。 特定の応援している球団があればそのチームの勝ち負けだけでは無く、選手個人にも注目を持って個人的にその選手の活躍を期待している人もいるのです。 今シーズンのプロ野球の見どころも沢山ありますが、セ・リーグでは2年連続のリーグ優勝を果たしながら未日本一には届かなかった広島が今年こそ悲願の日本一を達成する為に着実にリーグで勝ち星を重ねていけるのかが注目されています。 リーグ優勝に貢献した要のコーチが今シーズンは抜けてしまいましたが、若手選手の活躍が期待されているのです。 その他にも長年の成績不振に苦しんでいた前横浜ベイスターズであるDeNAが、2年連続のCS進出と昨年は19年ぶりに日本シリーズまでコマを進め今季もどこまでトップ争いに食い込んでくるのかも注目されています。 個人的には引退を覚悟で現役の厳しい道を選んだ平成の怪物松坂大輔がどこまで活躍できるのかも大きな注目のポイントなのです。 パ・リーグでは屈指の強さを誇るソフトバンクをリーグ内でも最強打線を誇る西武ライオンズをはじめとする他球団がどこまで追い詰めるのかが期待されています。何よりも今シーズンは大型新人である日本ハムの清宮選手の活躍に期待がかかります。

To the top