Archive List for 未分類

阪神タイガース金本監督が辞任!その背景に迫ってみた

未分類

平成30年のプロ野球ペナントレースもほぼ終わり、舞台はクライマックスシリーズへと向かっていますが、シーズンオフが近づくと話題となるのがプロ野球界の人事です。引退や戦力外などいくつかニュースになっている中、多くの人が驚いたのが阪神タイガース金本監督の電撃辞任です。シーズン中から来季の続投の方針が打ち出され、最下位が確定した10月の初旬にも球団幹部による続投が明言されていました。しかし、就任1年目には4位、2年目は2位と成績を上げて、期待されつつ今季から新たに複数年契約を結んでいたにも関わらず、シーズン最終戦終了後に自ら辞任を申し出ました。 その背景にあるものは最下位になってしまったことはもちろんですが、「仲良し内閣」と陰で噂されていた自分と昵懇の人材で固めた首脳陣と選手間の意思疎通が十分でなかったことや、就任当初から挙げていた「若手育成」というテーマを達成できなかったことと推測されます。若い選手を積極的に起用してはいましたが、年間を通して活躍した若手選手はほとんどおらず、実際、昭和的な根性論を提唱する金本監督のやり方に、現代の若い選手が合わなかったと分析する評論家も多く見受けられます。大金を投じて得た外国人選手も失敗に終わり、首脳陣と選手間の溝が深まった今シーズンの結果、自ら責任を取ったことはある意味当然なのかもしれません。

日本プロ野球で今季注目の3打者とは

未分類

プロ野球では今季も様々な打者が活躍を見せています。注目すべき打者3選手を見ていきましょう。 セリーグに目を向けるとヤクルトスワローズの山田哲人選手は過去にトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)を達成して一躍知名度がアップしました。チームの中心選手として今シーズンも打率、ホームラン、盗塁において高い数字を残しており充分にトリプルスリーの獲得が期待できます。本人の活躍とともにチームの順位の浮上が望まれます。 他にも広島カープの鈴木誠也選手は優勝を狙える位置にいるチームでクリーンアップに座り続け、首位打者も狙える成績です。長打力も健在で勝負強さは勝利に導く材料となっています。シーズン序盤は怪我に泣かされたりもしましたが、復帰後は目覚ましい活躍で、好成績であった昨シーズンをも越えようかという数字を記録しています。 パリーグでは西武ライオンズの山川穂高選手です。 昨シーズンは試合数が少ないながらも23本のホームランを放ち2ヶ月連続で月間MVPを獲得するなど、さらなる活躍が今シーズンに向けて期待されました。迎えた今シーズンは昨季を大きく上回る好成績をマークし、首位にいるチームの不動の4番打者として優勝を狙う原動力となっています。

To the top