日本人の中には、日本で働く人が圧倒的に多いですが中には日本を出てアジアで働こうとする人もいます。例えばインドネシアや中国などはそれなりに市場がありますので、海外に行って働いてもよいと言えるでしょう。給料や時期ははるかに日本より低いかもしれませんが、それでも現地の給料を考えると日本で派遣社員などをしながら働くよりもよりお得といえるかもしれません。少なくとも、フィリピンから日本に来るように日本に仕送りをするわけではありませんのでこのようなスタイルも良しと言えます。では、どのような転職企業を参考にしたらよいでしょうか。
基本的に、多くのルートを持っている企業が一番良いといえます。例えば、中国に根を下ろしている日本の企業ならば様々な人脈があった方がメリットがありますしそれだけ多くの仕事はあっせんしてくれるわけです。これに加えて、過去にどれだけ実績があったかも判断材料の一つになるといってよいです。過去に十分な実績があれば、信頼できる企業ともいえますし実績がなければまだ未知数の可能性があるわけです。

また、生活環境や治安が気になるという方は、シンガポールの求人を探すのも一つの手です。
後は、その国の事情をよく理解していることが重要です。日本には日本の事情があり中国には中国の事情があります。東南アジアも同様でそれぞれのスタイルが異なるため、画一的に同じ形式をとっている企業の方が逆に対応が不十分といってよいです。
後は、口コミで評判などで判断すると良いでしょう。口コミで評判は、インターネット上のものだと若干信ぴょう性に欠けることがありますが、それでも信じてい情報もいくつかは存在します。信頼できる情報の一つは、具体的な内容が書かれたものがよいでしょう。表面的に「しっかりと手した転職ができて良かった」、「紹介してくれる内容が素晴らしかった」と言う人もいますがそのようなことはだれでも言えることですのであまり信ぴょう性はありません。それよりも、具体的にどのような対応を受けてどれぐらいの時間がかかったのかそして指導内容はどうだったか、さらにはどれぐらいの期間で転職に成功したかなども重要です。