今期の大谷翔平選手の活躍はケガ次第ということになるのかもしれません。既に実力がメジャーリーグでも通用するという所にある事は証明したといって良いでしょう。そしてケガによって出場できないという期間もあったわけで、今も投手としてはまだプレー出来ないという状態にあります。いずれは投手としても再起は出来ると考えられますが、後はそのケガの度合いによってどれぐらいの活躍をすることが出来るのかという事になるはずです。


何しろケガというのは再発するという事が考えられますから、完治というのはまず難しいというのが常識です。プロは誰もがケガをしているもので、だましだましプレーをするしかないという事もあるので、このケガの程度でこれからの活躍が左右されるという事になるはず。これまでの活躍が凄かっただけに、ケガの具合によっては物足りなさを感じるかもしれませんが、それは今後長くプレーをするという事を考えれば当然の事という事も言えるでしょう。

大谷選手もこうした事を考えながらプレーをしなければならないところまで来たという事になるのかもしれません。長くプレーをするのであれば、やはり体のメンテナンスを常にしながら無理をしないで活躍をするという事を考える必要があります。