日本国内ではプロ野球というスポーツがあり、一定の人気を保っています。

これまでの歴史は非常に長く、1870年代からその編成が始まります。

1920年代以降になると、現在でも活躍しているチームの原点が発足しており、その後も数多くの編成があり、今現在に至っております。

プロ野球は主にセントラルリーグとパシフィックリーグに分けることができ、各リーグは6チームで合計12球団で試合が行われています。

この12球団についても数々の編成が行われてきて、チーム名が変更されたものや、会社そのものが売りに出して買収された結果として、チーム名は勿論のこと運営会社そのものが変わっていることが特徴です。

特にパシフィックリーグの場合、昭和時代では鉄道会社などが運営されてきた球団が複数ありますが、現在ではIT企業など大手会社が買収を行ってチームの運営を行っています。

古い時代では屋根無しの普通の球場を使っていたことが多いものですが、昭和の末期から平成にかけて、多くの球団がドーム球場を利用するようになり、基本は天候に関係せずに野球のプレイを実現することに成功してます。

プロ野球の編成の中でも欠かせない内容等もあり、ルールに関連する内容も含まれています。

最新のものではビデオ判定を行うような場面も見られるようになり、古い時代とは異なり健全で間違いの無いプレイを継続することに貢献できています。

12球団になり、特に平成後期では各球団も落ち着き傾向にあり、今後の発展も期待することができます。