田中将大は現在大リーグのニューヨークヤンキースの中心的な選手となり活躍している野球選手ですが、日本では過去楽天イーグルスに所属し、その初優勝にも大きく貢献しています。

右投げ右打ちの投手で高校生時代から活躍しており、甲子園においても様々な記録を残している選手です。
高校生時代には優勝は成し遂げられなかったものの、歴史に残る試合をいくつも行っており、その中でも特に多くの人の記憶に残っているのが、延長15回まで激しい戦いを繰り広げ出し合いの投手として投げ続けた試合で、結果的にこの試合は引き分けとなったため翌日の再試合においても登板し、結果的には試合に負けたものの激しい戦いを繰り広げた投手と絶賛されています。
プロ野球においては楽天イーグルスに入団し最初の年からエースピッチャーとなって活躍していた事は多くの人の記憶に新しいものです。

楽天時代には様々な投手の記録も打ち立てており、新人ながら安心して任せられる存在感を放つ投手と言う理由で多くのチームから評価されていました。
2014年にニューヨークヤンキースからオファーを受け7年契約と言う当時の日本選手では非常に画期的な契約条件で移籍をしています。

この7年契約にはさらに4年後はメジャーリーグにおいてFA権を行使できると言う特殊なものであり、ニューヨークヤンキースから高い期待を受けていることが伺えました。現在でもその期待に応える活躍を行っており、チームの貴重な戦力となり活躍している投手です。