プロ野球に今後リプレー検証は導入されるかの考察

野球

  プロ野球においてリプレー検証がないことを疑問に思っている人もいるでしょう。プロ野球では誤った判断がされることが多々あります。人間の目視には限界があり、いくら知識や経験が豊富で熟練の技も身につけている審査員でも間違うことがあります。大きな試合という場合は一点でも貴重となってくるので正確な判断をすることが大切です。他のスポーツではリプレー検証が導入されているものもあるため、プロ野球においても導入したほうが良いのではないかと考える人もいます。リプレー検証を取り入れることで正確な判定をすることに役立つといったメリットがありますが、反対にデメリットも存在するのでそのことをしっかりと理解しておくことが重要です。利用することでより精度の高い判定を下すことができますが、その分時間がかかってしまう恐れがあります。試合が間延びしてしまい白けてしまう可能性もあるので注意が必要です。また、コマを送るときのやり方や映像の止め方次第では見間違えてしまうこともあります。検証を担当する人が機械に慣れていなければならないという課題もあります。このように良い面だけでなく悪い面も持ち合わせているので、全体的にみて検討することが大事です。   All images belong to their owners and respective copyright holders.  

裏方から再びプロ野球選手へ復活!古村徹とはどんな選手?

野球

古村徹は1993年生まれで茅ヶ崎西浜高校出身です。小学校2年生の頃から野球をはじめて、中学生になって市大会で優勝し、高校進学後は1年でエースになり、2年に主将になってからは強豪校相手に好成績をおさめ2011年のドラフトで横浜DeNAベイスターズから8位指名を受けてプロ野球選手となりました。ですが、新人1年目には1軍だけでなく2軍でも登板の機会はなく終了し、翌年になって二軍で試合に出ることが出来たけれども、さらに翌年にはやはり出番なしとなってしまったのです。そのまま戦力外とされてプロ野球選手を一度は引退しました。引退後、打撃投手に転向して2016年に独立リーグの愛媛マンダリンパイレーツとして復帰、その年のオフシーズンにはトライアウトで再びプロ野球になることを目指しましたが叶わず結局翌年も愛媛マンダリンパイレーツの選手を継続することになり、良い結果を残すことが出来ずに自由契約となってしまいました。そこから2018年にBCリーグの富山GRNサンダーバーズに入ることになったのです。古村は150キロ超えの球を投げることができるようになったことを受けて、中継ぎとして再び古巣の横浜DeNAに戻ることになりました。これはプロ野球史上、とても珍しい事例です。     All images owned by respective copyright holders.

阪神タイガース金本監督が辞任!その背景に迫ってみた

未分類

平成30年のプロ野球ペナントレースもほぼ終わり、舞台はクライマックスシリーズへと向かっていますが、シーズンオフが近づくと話題となるのがプロ野球界の人事です。引退や戦力外などいくつかニュースになっている中、多くの人が驚いたのが阪神タイガース金本監督の電撃辞任です。シーズン中から来季の続投の方針が打ち出され、最下位が確定した10月の初旬にも球団幹部による続投が明言されていました。しかし、就任1年目には4位、2年目は2位と成績を上げて、期待されつつ今季から新たに複数年契約を結んでいたにも関わらず、シーズン最終戦終了後に自ら辞任を申し出ました。 その背景にあるものは最下位になってしまったことはもちろんですが、「仲良し内閣」と陰で噂されていた自分と昵懇の人材で固めた首脳陣と選手間の意思疎通が十分でなかったことや、就任当初から挙げていた「若手育成」というテーマを達成できなかったことと推測されます。若い選手を積極的に起用してはいましたが、年間を通して活躍した若手選手はほとんどおらず、実際、昭和的な根性論を提唱する金本監督のやり方に、現代の若い選手が合わなかったと分析する評論家も多く見受けられます。大金を投じて得た外国人選手も失敗に終わり、首脳陣と選手間の溝が深まった今シーズンの結果、自ら責任を取ったことはある意味当然なのかもしれません。

日本プロ野球で今季注目の先発投手3人は?

野球

プロ野球では投手の責任が重要とされていて、中でも先発投手はその試合の流れを左右し、期待を持って起用されます。 まさに野球の花形ともいえるのが先発投手です。日本プロ野球から注目すべき先発投手を、セパ両リーグ問わず3人挙げてみます。 ・大瀬良大地(広島カープ)新人王受賞経験のある、プロ通算5年目の投手。多彩な変化球と両サイドに決めるコントロールが武器です。 昨年の2ケタ勝利に続き今季もローテーションの中心として活躍しています。 常勝軍団となりつつあるチームの躍進の原動力として、最多勝も充分視野に入った成績をマークしています。 さらに防御率もセリーグトップクラスで、タイトルも狙える位置です。 菊池雄星(西武ライオンズ)球界を代表する本格派のサウスポーです。勢いのあるストレートと鋭いスライダーで強力打者をねじ伏せる。昨季は投手タイトルに加えて、ベストナインとゴールデングラブ賞も獲得しています。 開幕から首位をひた走るチームのエースとして安定したピッチングを展開しています。 先発投手の指標とされるQS(クオリティスタート)の数もパリーグ上位に君臨。最高勝率のタイトルも期待されます。 上沢直之(日本ハムファイターズ)シーズンを棒に振るほどの怪我から昨季に復帰。独自の球筋で勝ち星を重ねる若きエース。近年の先発投手事情では減少した完封もパリーグトップクラスです。 今季はチームの期待に応え自信初の2ケタ勝利を挙げて、さらなる活躍が期待されます。

イチロー選手の今季の活躍は?現役続行はいつまで?

野球

イチロー選手は今シーズンの5月から、今期の試合には出場せずマリナーズの特別アドバイザーに就任しました。残念なことに期待されていた大谷選手との対決は見ることがかないませんでした。イチロー選手のファンや大谷選手のファンにとっては期待が大きかっただけに、がっくり来ている人もいることでしょう。メジャー通算3089安打を放ったイチロー選手ですが、近年は打率も落ち込んでいてマリナーズに復帰した今年も大きな活躍が残せてはいません。しかし、これは途中出場が多いなど、コンスタントに打席に立てていないのが理由と思われている人も多いでしょう。試合に出場し続けていれば、まだまだやれそうですよね。しかし、特別アドバイザーに就任によって50歳まで現役の野球選手でいると言うのは守れそうもないのですが、特別アドバイザーというのは非常に名誉で、マリナーズとは生涯契約を結ぶという破格の待遇を受けています。イチロー選手にとってこれ以上名誉なことはないでしょうね。 しかし、イチロー選手がこれで引退かというと、どうも違うようです。今期の試合には出場できないのですが、来年は出場も可能で、来年日本で行われるオープニングゲームにはイチロー選手が現役復帰をするのではないかと言われています。イチロー選手は現在でも練習を続けており、現役時代の体を維持しています。ぜひ日本で、イチロー選手の活躍を見たいものです。そして、大谷選手との対決も期待されています。

日本プロ野球で今季注目の3打者とは

未分類

プロ野球では今季も様々な打者が活躍を見せています。注目すべき打者3選手を見ていきましょう。 セリーグに目を向けるとヤクルトスワローズの山田哲人選手は過去にトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)を達成して一躍知名度がアップしました。チームの中心選手として今シーズンも打率、ホームラン、盗塁において高い数字を残しており充分にトリプルスリーの獲得が期待できます。本人の活躍とともにチームの順位の浮上が望まれます。 他にも広島カープの鈴木誠也選手は優勝を狙える位置にいるチームでクリーンアップに座り続け、首位打者も狙える成績です。長打力も健在で勝負強さは勝利に導く材料となっています。シーズン序盤は怪我に泣かされたりもしましたが、復帰後は目覚ましい活躍で、好成績であった昨シーズンをも越えようかという数字を記録しています。 パリーグでは西武ライオンズの山川穂高選手です。 昨シーズンは試合数が少ないながらも23本のホームランを放ち2ヶ月連続で月間MVPを獲得するなど、さらなる活躍が今シーズンに向けて期待されました。迎えた今シーズンは昨季を大きく上回る好成績をマークし、首位にいるチームの不動の4番打者として優勝を狙う原動力となっています。

今期の大谷翔平選手の活躍は?

野球

今期の大谷翔平選手の活躍はケガ次第ということになるのかもしれません。既に実力がメジャーリーグでも通用するという所にある事は証明したといって良いでしょう。そしてケガによって出場できないという期間もあったわけで、今も投手としてはまだプレー出来ないという状態にあります。いずれは投手としても再起は出来ると考えられますが、後はそのケガの度合いによってどれぐらいの活躍をすることが出来るのかという事になるはずです。 何しろケガというのは再発するという事が考えられますから、完治というのはまず難しいというのが常識です。プロは誰もがケガをしているもので、だましだましプレーをするしかないという事もあるので、このケガの程度でこれからの活躍が左右されるという事になるはず。これまでの活躍が凄かっただけに、ケガの具合によっては物足りなさを感じるかもしれませんが、それは今後長くプレーをするという事を考えれば当然の事という事も言えるでしょう。 大谷選手もこうした事を考えながらプレーをしなければならないところまで来たという事になるのかもしれません。長くプレーをするのであれば、やはり体のメンテナンスを常にしながら無理をしないで活躍をするという事を考える必要があります。

ブックメーカー経由でプロ野球の試合に賭ける方法

野球

日本国内では違法のプロ野球への賭けですが、ブックメーカーであれば合法となります。 スポーツベッティングは世界的に人気を博していて、野球にベッティングすることも世界中にファンがいます。 ブックメーカーは日本ではインターネットで利用することができ、日本に住んでいても違法ではないため心配はいりません。 ブックメーカーでできるプロ野球の賭けはいくつか種類があります。 勝敗の予想やハンデ付き、得点を予想したり、優勝オッズなどいくつかの賭けが用意されています。初めてブックメーカーでプロ野球の賭けをする場合におすすめは勝敗予想です。 まずは勝敗を予想して楽しむと良いです。 勝敗の予想が少々物足りなくなったらハンデ付きなどに挑戦することがおすすめです。 ブックメーカーではプロ野球の他にサッカーや競馬にも賭けることができ、テニスやゴルフなど海外で行われているスポーツにも賭けを楽しむことができます。 ブックメーカーにも種類があり、スポーツを賭けの対象にしているものがあります。 ブックメーカーを始めるには、マネー口座を開設し、そこに銀行振り込みなどで送金します。 取引はこの口座を経由して行われ、気になるプロ野球を取り扱っているブックメーカーに送金することで賭けに参加できます。 払い戻しがあった場合には、ブックメーカーからマネー口座に出金し、そこから手元に出金されます。 お金の引き出しは銀行口座への振り込みや小切手などが利用可能で便利なカードもあり、このカードを利用することでゆうちょ銀行での海外発行カードで金額を指定することでお金を引き出すことができます。

日本が生んだ世界のスター!田中将大はどんな選手?

野球

田中将大は現在大リーグのニューヨークヤンキースの中心的な選手となり活躍している野球選手ですが、日本では過去楽天イーグルスに所属し、その初優勝にも大きく貢献しています。 右投げ右打ちの投手で高校生時代から活躍しており、甲子園においても様々な記録を残している選手です。 高校生時代には優勝は成し遂げられなかったものの、歴史に残る試合をいくつも行っており、その中でも特に多くの人の記憶に残っているのが、延長15回まで激しい戦いを繰り広げ出し合いの投手として投げ続けた試合で、結果的にこの試合は引き分けとなったため翌日の再試合においても登板し、結果的には試合に負けたものの激しい戦いを繰り広げた投手と絶賛されています。 プロ野球においては楽天イーグルスに入団し最初の年からエースピッチャーとなって活躍していた事は多くの人の記憶に新しいものです。 楽天時代には様々な投手の記録も打ち立てており、新人ながら安心して任せられる存在感を放つ投手と言う理由で多くのチームから評価されていました。 2014年にニューヨークヤンキースからオファーを受け7年契約と言う当時の日本選手では非常に画期的な契約条件で移籍をしています。 この7年契約にはさらに4年後はメジャーリーグにおいてFA権を行使できると言う特殊なものであり、ニューヨークヤンキースから高い期待を受けていることが伺えました。現在でもその期待に応える活躍を行っており、チームの貴重な戦力となり活躍している投手です。

日本が生んだ世界のスター!大谷翔平はどんな選手?

野球

大谷翔平は岩手県奥州市出身のプロ野球選手で、1994年7月5日生まれの現在23歳です。 投手でも打者でも活躍する二刀流プレイヤーで、現在はアメリカ大リーグのロサンゼルス・エンゼルスに所属しています。 高校在学中から頭角を現し、高校3年夏の岩手大会ではアマチュア投手としては史上初となる最速160キロを記録しました。 2012年のプロ野球ドラフト会議によって北海道日本ハムに入団すると、2013年の開幕戦では打者で1軍で先発出場し2安打1打点を記録します。 6月には投手でプロ初勝利を挙げ、シーズンを通して投手では3勝0敗、打者では本塁打3本、20打点、打率238厘をマークしました。 翌シーズンからは投打の中心選手として活躍し11勝4敗、10本塁打31打点打率274厘で、日本プロ野球史上初となる「同一シーズンで2桁勝利と2桁本塁打」を達成し歴史に名を刻みました。 2015年には15勝で最多勝と最優秀防御率、最高勝率の投手部門のタイトルを独占し、2016年には投手の日本プロ野球公式戦最速記録を更新する164キロをマークするとともに、本塁打も22本を放つなど、不可能と言われていた二刀流で多くの実績を残します。 2017年は足首の故障で満足な成績は挙げられなかったものの、シーズン後にポスティングシステムで大リーグエンゼルスと契約し、2018年のシーズンでは、現在まで投手で3勝1敗、打者では5本塁打16打点打率348厘をマーク、大リーグでも「和製ベーブルース」として全米を席巻する活躍を見せています。

To the top